記事一覧

ネイキッドドレスから黒装束まで──キム・カーダシアンを物語る、歴代インパクトルックBEST10。

常に世間を賑わすキム・カーダシアンは、もはや唯一無二のファッションカメレオンだ。パリス・ヒルトンと親しく歩く懐かしの2000年代始めから、今年のあのMETガラの黒装束まで、とびきりセンセーショナルな10のルックを厳選!

ファッションにおいて、常に話題を提供し続けるキム・カーダシアン。“スタイルアイコン”と呼ばれることに異議を唱える人もいるが、彼女がファッションカメレオンであることには間違いない。ハロウィンの仮装インスピレーションになるようなMETガラの黒装束ルックから、数々のネイキッドドレスまで。リスクを恐れないキムのファッションを一挙振り返ってみよう。

パリス・ヒルトンと腕を組み、きらびやかなスタイルを披露した2000年代当時。メタリックなルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のバッグが、友情の証!

METガラの初参戦は2013年。第一子となるノースちゃんを妊娠中だった彼女は、ジバンシィ(GIVENCHY)のフローラルドレスをセレクト。ちなみにこの2年後のハロウィンでも、このドレスを着まわしていた。

娘とお揃いでスパンコールドレスを披露!ドレスはともに ヴェトモン(VETEMENTS)。親子ともども、ファッショニスタであることを証明した(2016年)。

バレンシアガ(BALENCIAGA)のミラーシューズを、シアーなキャミドレスとコーディネート。

記憶に新しい、2021年のMETガラ。バレンシアガ(BALENCIAGA)の黒装束ルックで登場し、デムナ・ヴァザリアとともにレッドカーペットを盛り上げた。ヘアには、100万円以上かけたという驚愕の事実も。

バレンシアガ(BALENCIAGA)のネオンカラールックで挑んだのは、サタデー・ナイト・ライブの司会。その存在感は、まさに“ホットピンク”そのものだ。

【関連記事】:http://samsonov.top/

コメント一覧