記事一覧

ピアジェ アルティプラノ ウルトラシン、なぜ違うのか?

ピアジェ アルティプラノ ウルトラシン、なぜ違うのか?

20世紀以来、ピアジェは国内で最も認知された高級ブランドの一つであり、多くの著名人が社交界の晩餐会に最適なパートナーとしてピアジェの時計を手にしました。 近年はスポーツウォッチの人気が高く、複雑機構を搭載したものも増えていますが。 しかし、機能が複雑になればなるほど、ムーブメントは太くなります。 多くのビジネスマンや政治家が、フォーマルなイベントや社交の場に出席する際、手を伸ばした時に袖口に時計が引っかかって恥ずかしい思いをすることを恐れ、洗練されたセンスの良さを示すために超薄型の時計を選んでいるのです。 ピアジェのアルティプラノ・コレクションは、長年にわたり、オーデマ・ピゲコピーフォーマルな魅力を失うことなく、ハイ・プロファイルな人々に選ばれ続けている時計です。 今年は、さらに魅力的な新モデルがいくつか発売されました。


アルティプラノ メテオライト ダイヤル トゥールビヨンを着用したピアジェ アンバサダー 胡芸(フー・ゲー)氏

ピアジェは、超薄型時計と宝石セッティングという2つの分野で絶対的な地位を確立していることで知られています。 今年の「アルティプラノ メテオライト ダイヤル トゥールビヨン」は、ピアジェのクラフツマンシップが凝縮された逸品です。 こうして見てみると、この時計は十分美しく、高級感があると思うかもしれません。 しかし、それ以上のものです。

アルティプラノ メテオライト ダイヤル トゥールビヨン

まず寸法ですが、直径41mm、厚さ7.05mm、重さ46.58gです。 まさにスリムでライトなハイエンドフォーマルウォッチです。 厚さわずか4.6mmの超薄型手巻きトゥールビヨン機械式ムーブメント「マニュファクチュール670P」を搭載しています。 ケースは18Kピンクゴールド製、文字盤はメテオライト製、ベゼルにはラウンドカットダイヤモンド(約1.44カラット)が外周に60石セットされています。 この時計は、薄型の貴族的な性質に、豪華さとエレガンスを加えています。

現在、隕石を使った時計は数多く販売されていますが、なぜピアジェはより個性的なのでしょうか。 まず、ピアジェのアルティプラノコレクションの時計はどれも超薄型で、通常の時計よりも本質的に繊細で製造が困難なものです。 同時に、隕石は非常に硬いため、超薄型時計の文字盤として使用する場合は、より高度なセッティング技術が必要となる。 そのため、隕石を文字盤に使用するブランドは数多くありますが、超薄型の時計に使用できるのはピアジェだけです。

また、ピアジェの認知度が高いフローティングトゥールビヨンも見どころのひとつです。 このトゥールビヨンは非常に特徴的な形状をしており、そこに描かれた「P」の文字は「ピアジェ」を意味する。 この時計は28本の限定生産で、メテオライトの文字盤の独特な質感により、それぞれの時計が個性的なものとなっています。

また、今年の人気モデルは、メテオライトフェイスの「アルティプラノ ウルトラシン」コレクションです。

ピアジェ アルティプラノ 超薄型メテオライトフェイス(G0A44051)

この時計の文字盤にもメテオライトが使われていますが、よりミニマルなデザインになっています。 スリムなピンクゴールドのインデックスがダイヤルを彩り、3時位置には日付窓、そしてアルティプラノ超薄型コレクションの特徴であるミニマルな大型2針のデザインが施されています。

ピアジェ アルティプラノ 超薄型メテオライトフェイス ウォッチ(G0A44051)

側面から見ると、厚さ6.36mmと非常に薄く軽量でありながら、質感にまったく不足がないことがわかります。 メテオライトの使用は別として、何が素晴らしいかというと、ピアジェの伝説的な薄型ムーブメント、超薄型自動巻きムーブメント1203Pを搭載し、厚さはわずか3mmながら、同様に優れたデザインであることが最も珍しい点であろう。 円形のコート・ド・ジュネーブ仕上げの地板、面取りされたブリッジ、サンバースト装飾の歯車列、ピアジェのブランドシールが刻印されたローターなど、細部にまでこだわったデザインです。 18Kピンクゴールドのケース、メテオライトの文字盤、伝説の超薄型自動巻きムーブメント、ミニマルなデザインは、職人技と超薄型技術が相容れないものではないことを証明する組み合わせといえるでしょう。 しかし、この時計は世界限定300本しかない限定品でもあるのです。

ピアジェの超薄型時計「アルティプラノ」コレクションが有名で個性的であることは周知の事実ですが、何が特別なのか、新作の2本を見ただけではよくわからないかもしれませんね。 では、まずアルティプラノ・コレクションの誕生からご紹介しましょう。

"生まれつき "の違い

スイス・ジュラの妖精の斜面

1874年、ピアジェはスイス・ジュラ地方のラ・コート・オ・フェに設立されました。 当時、ピアジェは超薄型アクセサリーのスペシャリストとして、大手サプライヤーの製品リストに名を連ね、有名ブランドに超薄型部品を供給していた。

1957年、ピアジェは初の手巻き超薄型機械式ムーブメント「9P」を発表、厚さわずか2mmのこのムーブメントは、同年のバーゼルフェアで大きな反響を呼んだ。

1957年 ピアジェ初の超薄型手巻きムーブメント、9Pを発表。

この伝説的な手巻きムーブメントは、厚さわずか2mmです。 こんなに薄くて、しかも丁寧に作られている。 中央に時針、中央に分針を装備しています。 ムーブメントには縦方向にコート・ド・ジュネーブ装飾が施され、地板にはサーキュラーグレイン加工、ブリッジには手作業による面取りが施されており、ピアジェの完璧を目指す姿勢が表れています。

9Pムーブメントを搭載し、アルティプラノ・コレクションの最初の腕時計を発表しました。 その繊細でエレガントなデザインは、この超薄型時計を際立たせ、ピアジェの超薄型時計分野における伝説的な歩みをスタートさせたのです。

アルティプラノ」ウォッチ(9Pムーブメント搭載)

その3年後(1960年)には、ピアジェ初の自動巻きムーブメント「12P」を発表し、厚さ2.3mmという当時世界最薄の自動巻きムーブメントを完成させたのである。

1960年、ピアジェは超薄型自動巻きムーブメント「12P」を発表しました。

このムーブメントには、「パールトゥールビヨン」とも呼ばれる18Kゴールド製のオフセンターマイクロローターが搭載されていた。 パールトゥールビヨン」は、自動巻き機構を主輪列の端に配置し、重ね合わせる必要がないため、ムーブメントの厚みを減らすことができます。 現在でも「パールトゥールビヨン」はごく少数の高級時計にしか搭載されておらず、ピアジェの時計製造におけるノウハウの高さを証明しています。

アルティプラノ超薄型コレクションの数十年にわたる進化に伴い、430P、504P、800Pといった一連の超薄型ムーブメントが発表され、いずれもこの2つの伝説的ムーブメントの細さと性能を受け継いでいます。 クラシカルな薄さとエレガントさはそのままに、カレンダーとクロノグラフを追加しました。 究極の美意識を追求するための、控えめなエレガンス。

アルティプラノ超薄型コレクション

"奇妙 "だけど "違う

ピアジェの超薄型コレクション「アルティプラノ」は、2度にわたって世界記録を更新しています。 1つ目は、AltiplanoUltimateAutomaticで実現しました。

ピアジェ アルティプラノ アルティメットオートマティック

2017年、ピアジェは「アルティプラノ ウルトラシン」コレクションと超薄型ムーブメント「9P」の誕生60周年を記念し、「AltiplanoUltimateAutomatic」モデルを発表しました。 厚さわずか4.3mmのこのモデルには、自動巻き機械式ムーブメント910Pが搭載されています。 貴重なスペースを1インチでも節約するため、機構全体と針のアセンブリはバランスホイールの厚みの中に収められています。 ブラックPVDコーティングされたゴールドのローターも、ムーブメントの外周に配置され、その厚みと一体化して、構造上のスペースを有効に利用しています。 時分針も、ムーブメント表面にセットされる標準的な構造とは異なり、ムーブメントの厚みの中に組み込まれています。 この技術的なブレークスルーは、ピアジェの卓越した技術力とエレガンスを見事に表現しています。

2つ目の記録は、リサーチ&イノベーション部門による傑出した作品「ピアジェ アルティプラノ アルティメート・コンセプト」です。

ピアジェ アルティプラノアルティメートコンセプト

2018年、ピアジェはジュネーブ時計グランプリで大作、「Piaget AltiplanoUltimateConcept」を発表した。 2mmという極限の薄さは、紛れもなく最薄の手巻き時計であり、ピアジェの超薄型時計製造のDNAを強く印象付けるものでした。

このコンセプトウォッチには、薄型でありながら外力によって曲がらない超堅牢なコバルト系ハイテク合金が採用されています。 さらに、内蔵ムーブメントと外装ケースの境界をなくし、ケースが外装部品であると同時にムーブメントの基板にもなる「ツーインワン構造」を採用しています。 この前衛的な技術革新が、ピアジェのアルティプラノ・コレクションに特別なステータスを与えているのは言うまでもありません。

"美しい "が、違う

薄さ」がピアジェの「アルティプラノ ウルトラシン」コレクションの時計製造のDNAだとすれば、「エレガンス」はアルティプラノ コレクションの美的DNAといえるでしょう。

超薄型腕時計「アルティプラノ

ピアジェは、超薄型技術の開発・革新に加え、貴重な素材を最大限に活用しています。 ピアジェは1960年代から1970年代にかけて、ハードルビー、タイガーアイ、ラピスラズリ、コーラル、マラカイト、オニキス、ヒスイなどを文字盤にあしらい、スタイリッシュでエレガントなラグジュアリーウォッチを発表しています。 シンプルでありながら華やかで、スタイリッシュでエレガント。 この美しいデザインは、ピアジェのアルティプラノ ウルトラシンコレクションに、機械式ホルモンの柔らかなタッチを与えています。

1957年にピアジェの「アルティプラノ ウルトラシン」コレクションを発表してから、今年で62年になります。 そのルーツに忠実であり、イノベーションを追求し続けています。 時計の中の贅沢、ムーブメントの中の複雑」と形容されるアルティプラノ超薄型コレクションは、その美しいエレガンスを失うことなく、機械式時計の傑作を身につける喜びを提供します。 この完成度の高さが、世界のセレブリティやコレクター、愛好家たちに愛されてきたのです。 シンプルで控えめでありながら、面白味のある、まさにピアジェの魅力が詰まった一本です。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー